信州鬼無里|おでやれ鬼無里|長野市市民生活部鬼無里支所

よくある質問

※Qの質問をクリックすると、回答が表示されます。

【奥裾花自然園】

Q.どこからが奥裾花自然園ですか?

料金所(観光センター駐車場50m手前)より先が奥裾花自然園です。


Q.開園期間と開園時間を教えてください。

《開園期間》4/29〜10/31 《開園時間》8:30〜17:00


Q.入園料はどこで払えばいいですか?

駐車場手前50m地点にある料金所でお支払いください。


Q.入園料を教えてください。

《4/29〜5/31》大人1人410円(中学生以上):団体20名以上1人300円
《6/1〜10/31》大人1人200円(中学生以上):団体20名以上1人150円
(小学生以下は無料・障がい者は障がい者手帳を提示した場合のみ全額減免)


Q.自然園内の歩道状況について教えてください。車椅子で水芭蕉を見ることはできますか?

自然園内の地形についてはできるだけ手を加えないようにしていますので、多少の高低差や一部階段があります。障がいをお持ちの方で下肢の不自由な方は、来園時、現地職員に声をかけていただければ平成の森広場まで自家用車の乗り入れが可能です。
また、開園から5月中旬までは歩道に残雪があるため、長靴やトレッキングシューズでお越しください。
なお、奥裾花自然園は天然の自然園であり、未舗装で階段等がありますので車椅子のお客様は行くことができません。戸隠の森林植物園は一部バリアフリーとなっているので、ミズバショウが観賞できます。
(問い合わせ先) 戸隠観光協会 TEL(026)254-2888 http://togakushi-21.jp/


Q.どのような靴で行けばよいですか?長靴のレンタルはありますか?

開園から5月中旬までは長靴やトレッキングシューズ(残雪によります)、それ以降はトレッキングシューズや運動靴でお越しください。
革靴やファッションシューズのように滑りやすく、ヒールの高い靴は危険です。

貸し長靴は150円にて駐車場にある売店で貸し出しています。
(問い合わせ先) 裾花館 256-2137


Q.どのような散策コースがオススメですか?また、散策時間はどのくらいを予定すればよいですか?

奥裾花自然園の水芭蕉は大きく分けて2つのコースがあります。それぞれ花の見頃が違います。

《今池湿原コース》例年5月初旬〜中旬が最盛期。7haの湿原全体に水芭蕉が咲き誇ります。
《こうみ平コース》例年5月中旬〜下旬が見頃。今池より規模は小さいが最盛期には可憐な花をつけます。

散策時間は駐車場から約2時間程度を予定してください。


Q.標高はどのくらいですか?

奥裾花観光センター・駐車場周辺は、標高1,150m、今池湿原・こうみ平湿原は、標高1,250mです。天気によって気温が大きく変わりますので、暖かい服装で起こしください。


Q.自転車・バイクの乗り入れ、ペット同伴での入園はできますか?

野生動植物が多く生息していますので、観光センターより先はご遠慮ください。


Q.自然園内にトイレ・ゴミ箱はありますか?

平成の森にトイレがありますが規模が小さいため駐車場にあるトイレをご利用ください。ゴミ箱はありませんのでゴミはお持ち帰りください。


Q.食堂はありますか?団体ですが、園内では食べることもできますか?

駐車場には2店舗あり簡単な食事を召し上がれます。 お土産も販売しています。(収容人数:裾花館8名、真砂食堂20名)

園内は天然の自然園であり人の手を加えないため、座れる場所も限られます。奥裾花観光センター内休憩所もお使いいただけます(お1人200円の休憩料になります。(収容人数60名)。


Q.旅行会社ですが鬼無里でお弁当を手配できますか?

鬼無里の地元食材を使ったお弁当「鬼無里吟味」を1個800円から2店舗で承っています。(※全て完全予約制です。)

裾花館 TEL(026)256-2137・山城屋館 TEL(026)256-2029


Q.携帯電話はつながりますか?

奥裾花自然園では圏外です。
ドコモの携帯電話は奥裾花ダム周辺まで電波が入ります。au及びソフトバンクの携帯電話は奥裾花ダム手前3km位(川浦橋)まで電波が入ります。


Q.春の観光シーズン(5〜6月)に水芭蕉以外に見られる花は?

イワカガミ、イチリンソウ、レンゲツツジ、タムシバ、オオヤマザクラ、オオカメノキ、タニウツギ、キクザキイチゲ、ブナ原生林の芽吹き(新緑)


Q.奥裾花自然園へのアクセス

http://kinasa.jp/route/

県道36号線のうち大望峠から上楠川間の約3kmは道が狭いので、大型車両でお越しの場合すれ違いが困難です。
東京・名古屋方面からお越しの方 ⇒ 長野ICで降りて善光寺方面へ
新潟方面からお越しの方 ⇒ ①須坂長野東ICで降りて善光寺方面へ、②信濃町ICで降りて戸隠方面へ


Q.カーナビに奥裾花自然園の住所・電話番号を入力したいのですが

奥裾花観光センター TEL(026)256-2429を入力してください 

もし、カーナビに出なかった場合は、奥裾花ダムの住所・電話番号を入力してください。奥裾花ダムより先は一本道です。

奥裾花ダム:長野市鬼無里16,943-4/TEL(026)256-2937


Q.駐車場と渓谷沿いの道路状況は?

広い駐車場があり満車になることはありません(乗用車300台/大型バス30台)。
また、奥裾花渓谷10km区間の半分は往路と復路に分かれており、もう半分は2車線道路となっておりますので混雑はありません。道路は除雪を行いますので普通タイヤでお越しいただけます。


Q.紅葉の見ごろはいつ頃ですか?

例年、10月中旬から下旬にかけてです。奥裾花自然園のブナの紅葉から始まり、渓谷沿いの紅葉へと紅葉が山を下ります。


Q.渓谷沿いで写真を撮ることはできますか?

どこで撮影可能です。路肩駐車となりますので、通行車両に気を付けて停車してください。


Q.パンフレットはどこに置いてありますか?

入園料金徴収所、観光センター、奥裾花大橋脇のトイレ、鬼無里支所、鬼無里地区内各観光施設です。


【お泊り・おみやげ】

Q.宿泊施設と温泉について教えてください。

http://kinasa.jp/target/omotenashi/

温泉施設は「奥裾花温泉 鬼無里の湯」のみです。(日帰り入浴もできます。)
泉質:単純硫黄冷鉱泉/効能:関節痛、婦人病等万病に良し/貸しタオル有り/シャンプー・ボディーソープ完備

どの宿泊施設も、山菜・キノコ料理/バス停までの送迎/素泊まりについて対応可能。ご予約の時にお申し出ください。なお、金額はおおよその目安です。


Q.鬼無里の特産品はなんですか?奥裾花自然園以外にオススメのスポットはありますか?

鬼無里の特産品はおやき、そば、地酒、山菜、えごまを使った土産などがあります。鬼無里の中心部にある「いろは堂(おやき屋)」や「そば処鬼無里」でお買い求めください。また「農林産物直売所ちょっくら」では地元で採れた野菜や山菜などを販売しております。

http://kinasa.jp/target/omotenashi/

オススメスポットとしては「いろは堂(おやき屋)」や「そば処鬼無里(お土産屋)」その向かいにある「鬼無里ふるさと資料館」があります。鬼無里ふるさと資料館には大きな手彫りの祭り屋台が4つ展示されており是非一度ご覧ください。

http://kinasa.jp/target/history/


【タクシー】

Q.現地で手配できるタクシー業者を教えてください。

奥裾花釣遊タクシー TEL(090)8942-7371をご利用ください。


【奥裾花自然園からの登山】

Q.中西山、東山、奥西山、堂津岳に登山をしたいのですが。

積雪の状況次第です。それぞれこうみ平湿原の西側より登山道があります。

山頂までの所要時間(おおよその目安) 中西山2〜3時間、東山・堂津岳4〜5時間
なお、登山道の状況について事前にお問い合わせいただき、十分な計画を立てて山行に望まれるようご協力ください。




その他、直接お問い合わせ頂く場合は、下記メールフォームにご入力ください。

観光のお問い合わせフォーム

お名前*

所属団体名(企業名)*

※個人の場合は「個人」と入力してください。

郵便番号*

住所*

電話番号*

FAX番号

メールアドレス*

備考欄

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。
*は必須入力項目です。