【御礼】えごま収穫祭

12月17日(日)は朝から雪となりましたが、活性化センターで

えごま収穫祭を開催いたしました。

きらめき鬼無里のえごま栽培などの事業に関わっていただいた地域内の方々や

地域間交流事業としてえごま作業に関わっていただいた第一地区・吉田地区の方々

合わせて72名にご参加いただきました。

 

中澤弥子先生の講演では「鬼無里の郷土食」についての貴重なお話をいただき、

地域おこし協力隊くんによるえごま作業の様子の紹介では

「作業がこんなに大変とは知らなかった」という感想も聞かれたそうです。

そしてえごまの選別に挑戦していただきました。

 

ふるまいのお料理は、白和えにはえごま油をふんだんに使い、

春巻きにもえごま葉の塩漬けを使ったという、郷土食とえごまのコラボ料理!

地元の方々の手作り料理に舌鼓を打っていただいたようです。

特にえごまのおはぎがあっという間に無くなりました。

地域おこし協力隊くんが満を持して作ったえごま葉のお茶も

えごまの風味が香り、十六茶とかとそんなに変わらず飲めました。

「え?もうなくなったの!?」と思うくらい、皆さんに飲んでいただきました。

 

【ふるまいメニュー】

  おばぎ2種(えごま、きなこ)

  春巻き(えごま葉の塩漬け使用)

  ポテトサラダ

  大根引き

  唐揚げ

  白和え(えごま油使用)

  白菜のお味噌汁

  奈良漬

 

  きゃらぶき(府成地区で収穫したフキ使用、味付けは甘めしょっぱめなど4種)

  アザミの炒め煮

  ワラビの炒め煮

  杓子菜の醤油漬け

 

盛況に終わり、ホッとしています。大勢の方にご参加いただき、ありがとうございました。

Facebookから記事を一部転載