信州鬼無里|おでやれ鬼無里|長野市市民生活部鬼無里支所

年間イベントカレンダー

鬼無里イベントカレンダー
4月上旬〜11月上旬
(全6回程度)
もりが〜る♪ 林業体験

%e3%82%82%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%8b深い森に守られている鬼無里。
森林の中で作業する爽快感と林業の面白さを味わえる、女子限定の体験会。
初めての方でも安心して作業できる内容です。日ごろのストレスを解消できる森に入って、その生命力を感じてみては。

4月29日
奥裾花自然園開園・安全祈願祭

%e5%ae%89%e5%85%a8%e7%a5%88%e9%a1%98%e7%a5%ad奥裾花自然園の奥裾花社の前で、観光客や入山者の無事を祈る神事が執り行われ、神楽が奉納されます。

4月下旬〜1月
(毎月1回)
きなさ市(いち)と郷土料理体験会

かつて、毎月9回の市(九斎市(くさいいち))が開かれるほど人々の交流があった鬼無里で、訪れる皆さんを素朴で精一杯温かな「おもてなしの心」を込めた直売と体験会を開きます。

4月下旬〜5月上旬
鬼無里地区内 各地の神社で春祭り

%e9%ac%bc%e7%84%a1%e9%87%8c%e7%a5%9e%e7%a4%be%e6%98%a5%e7%a5%ad%e3%82%8a神事、獅子舞の奉納など

4月29日〜10月
(毎月1回)
四季の彩りさんぽ 〜奥裾花原生林ウォーク〜

ブナの巨木などの原生林に覆われた奥裾花自然園や断崖絶壁と奇岩が連続する奥裾花渓谷の地層など、毎月1回、テーマに沿った観察会とウォーキングなどを開催します。
ボランティアガイドが同行して、鬼無里の奥深い自然をご案内します。

5月3日
鬼無里神社 春の例大祭

紅白の幕や五色の吹き流しで飾られた鬼無里神社祭屋台(山車)1台が氏子たち大勢に曳かれて町の家並みを練ります。
山国文化伝承館の通年展示されている祭屋台の、年一度の晴れ舞台です。

5月3日
白髯神社春祭り
5月4日
柄山峠トレッキング

古くから人々の往来が頻繁にあり、物資や文化の交流も盛んに行われてきた峠。
鬼無里の主要道路として千石街道を経て日本海へつながっていた古道をトレッキングします。

5月4日
三嶋神社春祭り
5月5日
諏訪神社春祭り
5月中旬
水芭蕉まつり

水芭蕉まつり水芭蕉が見頃を迎えている奥裾花自然園の駐車場周辺で、鬼無里鬼女紅葉太鼓保存会の和太鼓演奏、クラシック野外コンサート、豚汁や甘酒の振舞いなど。

5月中旬
砂鉢山登山(春)

鬼女紅葉伝説の残る荒倉山の最高峰(標高1,432m)。
稜線沿いの登山道は、里山とはいえ痩せ尾根や鎖場など非常にバリエーションに富んだ上級者向けの山です。
ルートの所々から西岳、一夜山、北アルプスなど見事な眺望が開けます。

5月下旬
一夜山登山(春)

鬼無里のほぼ中央にきれいな円錐形に見える山(標高1562m)。
山頂北側の登山道は、広い道幅を2時間弱で登れるお手軽なコースで、反対の南西側には急登もある森の中を歩く登山道があります。
頂上は、ほぼ360度の眺望で、間近に迫る戸隠連山から火打山、焼山、北アルプスなどが望めます。

5月最終日曜日
松原神社春祭り
6月第3日曜日
土倉文殊堂縁日
7月15日〜21日
鬼無里神社祇園祭

鬼無里神社に合祀された津島牛頭天王(素盞嗚命)の祭り。
郵便局前に御旅所が造られ、悪魔や疫病を祓って町内を渡御した御輿が安置されます。子供御輿も練り歩きます。

7月23日
信州山の日 夏の一夜山登山
8月14日
鬼無里ふるさと夏祭り

夏まつり帰省や観光で訪れる皆さんと地元の皆さんにお楽しみいただこうと裾花川河畔で納涼花火大会と盆踊り、夜店などが開かれます。

9月第2日曜日
白髯神社秋祭り
10月上旬
鬼女もみじ祭り

%e9%ac%bc%e5%a5%b3%e3%82%82%e3%81%bf%e3%81%97%e3%82%99%e7%a5%ad%e3%82%8a-800x569「鬼無里」の名前の由来となったと伝わる「鬼女紅葉」を偲んで、かつて彼女が住まいを構えていたとされる内裏屋敷跡と「紅葉の墓」といわれる石塔がある松巖寺において、法要、鬼女紅葉太鼓の演奏などが行われます。

10月中旬
砂鉢山登山(秋)
10月31日
奥裾花自然園 閉園
11月上旬
鬼無里新そば祭り
11月下旬
野沢菜の収穫と野沢菜漬け体験

%e9%87%8e%e6%b2%a2%e8%8f%9c%e5%8f%8e%e7%a9%ab-1280x960

1月上旬
どんど焼き(鬼無里地区内各地)
1月31日
ふるさと鬼無里発見!フォトコンテスト応募締め切り
※各イベントの日程は予定です。変更になることがありますので事前に鬼無里観光振興会までお問い合わせください。